糸谷哲郎竜王 応援サイト

糸谷哲学

直感は経験の集積から成る分析

糸谷哲郎、奨励会級位者時代の戦績

糸谷プロ本人が振り返って最初の6級の二年間が一番辛かった、という話が昇段の記に残されている。最初苦労するというのは地方出身棋士には多い話ではあるが、6級時代の勝率が五割を大きく割り込んでいる。(尚、在籍期間は概算。詳細はこちら)

級位者時代の通算成績は135勝129敗(0.511)。糸谷哲郎プロを評して「インターネット将棋ではじめて強くなったプロ棋士」というフレーズが用いられることがあるが、将棋倶楽部24の設立が1999年11月であり、糸谷哲郎プロが6級で1年以上停滞していた頃に該当する。将棋世界2006年12月号によると中学1年生の時に24での対局を開始し、地方における実戦不足を補いはじめたことにより、爆発的に棋力がアップしたとのこと。6級脱出後、順調に昇級しているが、将棋倶楽部24での修行の成果なのだろう。


級位 勝ち 負け 勝率
在籍(ヶ月)
6級 59 82 0.418 24
5級 9 1 0.900 1.5
4級 11 7 0.611 5
3級 18 17 0.514 8.5
2級 22 16 0.579 9
1級 16 6 0.727 5

inserted by FC2 system